BUSINESS事業内容

健診結果一元化ソリューション

当社は、ネットワーク健診事業において全国約1,600の医療機関と提携しています。
ネットワーク健診サービスでは、全国に事業所がある企業・健保様の受診者に提携先の医療機関をご紹介して健診予約の手配を行うほか、全国どの医療機関で受診しても独自のデータ変換技術によって完全に統一化された健診結果を納品します。これにより、企業・健保様は健康診断の事後措置や保健指導を容易に推進いただくことが可能です。

医療機関の健診結果は多種多様

健診結果の様式や判定基準は、医療機関によって違いがあります。
当社は、健診結果に含まれるあらゆる要素を考慮して、健診結果の統一化処理を行います。とくに気をつけているのは、次のポイントです。

  • 個人情報の表示方法
  • 検査結果の並び順
  • 検査値の単位
  • 基準値
  • 異常所見の書き方
  • 判定記号やその意味、判定付与の考え方
  • 総合コメントの書き方

健診結果を一元化する当社独自の技術

当社は、ネットワーク健診事業やヘルスサポートシステム事業を通じて、健診結果を経年で一元管理するためのノウハウを蓄積してきました。2016年、これらの知見を結集した新システムをリリースするとともに、人によるチェック工程のオペレーションにさらに磨きをかけました。あらゆる様式の健診結果を正確に統一化する、当社の独自技術を紹介します。

  • 多種多様な健診結果を可能なかぎり正確に変換するため、当社は、提携機関の協力を得て、健診結果の個別仕様を調査・確認した情報を厳重に管理しています。
  • 個別の健診結果を統一フォーマットに変換する技術と、変換したデータの精度をチェックする技術をシステム化し、2016年度3月より運用を開始しました。
  • 新システムでは、一人の健診結果に対して4,000以上のエラーチェックをかけ、異常値や、矛盾のあるデータをあぶりだします。その後、健診結果の知見を持つ専門スタッフがひとつひとつエラー項目を精査し、必要に応じて医療機関に確認や問合せを行います。
  • 健診結果を一元化するノウハウが詰まったシステムと、豊富な知識を持つ専門スタッフが連携し、精度の高い情報処理を推進する体制を構築しています。

健診結果の一元化ソリューション

厚生労働省から示された「データヘルス計画」など、健診結果データを効果的に活用するニーズは年々高まっています。当社の強みである「どの医療機関で受診しても、健診結果を統一フォーマットに変換する」「統一化した健診データを、お客様の要望に合わせた形式で出力・納品する」サービスは、これまで、ネットワーク健診を導入いただいたお客様に限定して提供してまいりました。今後はさらに幅広いお客様に【健診結果一元化ソリューション】としてご提供できるよう準備を進めています。

CONTACT
お問い合わせ

  • 03-6858-3261
  • メールでお問い合わせ