BUSINESS事業内容

健康管理クラウド ヘルスサポートシステムの特徴

心と身体の健康情報を集約管理

定期健診項目のみならず、特定健診、人間ドックやがん検診、特殊健診等の検査項目を管理できる他、メンタルヘルスや就労データの登録・管理機能を実装しています。

長時間労働対策を支援

月次の残業時間や就労時間データを連携することで、時間の合計や平均などを条件に長時間勤務者の抽出が可能です。抽出した対象者に対して、一括でメール配信をしたり、疲労蓄積度チェックへの回答を促すことができます。

ストレスチェック機能を標準搭載

職業性ストレス簡易調査票に加え、新職業性ストレス簡易調査票にも対応しています。
ストレス判定図、いきいきプロフィールを出力し、企業の健康いきいき職場づくりにご活用いただくことも可能です。

グループ全体での健康管理体制の構築を支援

細かな権限設定機能により事業主と健康保険組合で共同利用することが可能です。また、統括事業所の傘下で複数事業所が存在し、各事業所単位で健康管理が行われている場合にも、対象となる従業員の所属単位により細かくデータ参照・実行権限を設定することが可能であり、グループ企業や健康保険組合との連携による包括的な健康管理体制の構築を支援します。

強固なセキュリティで大切な個人情報を管理

堅牢でセキュアなデータセンターにて、お客様のデータを24時間365日、管理・運用しています。また、健康管理スタッフ機能については、通常のログインID/パスワードの認証だけでなく、マトリクス認証®という安全性が極めて高い「記憶」によって認証を行なう画期的な方法を採用しています。

様々な医療機関の健診データに対応

多様なフォーマットの健診データを統一フォーマットに変換のうえ、登録が可能です。データ変換機能にて、単位の統一や所見のコード化が簡単に実現できます。

従業員に対して効果的な事後措置が可能

保健指導の記録をシステムで一元管理することで、紙などの移動がなくても過去の指導記録が確認できます。指導の記録だけでなく、従業員にメール配信することができるため、医療職と従業員のコミュニケーションツールとしても利用できます。
就業上の措置が必要と判断されるなど意見書の発行が必要になった場合、意見書を作成して面談の記録とセットで保存することができます。意見書は、厚労省フォーマット(長時間・高ストレス兼用フォーマット)とほぼ同等のフォーマットが標準機能としてご利用いただけます。

上司による部下情報の確認

上司は部下の健診の受診状況やストレスチェックの回答状況、特殊業務歴、就労時間が把握できます。
有機溶剤・特定化学物質等の扱いの有無の把握、残業時間の状況等に応じた作業配分にも活用できるので、安全配慮義務の履行に役立てられます。

CONTACT
お問い合わせ

  • 03-6858-3261
  • メールでお問い合わせ